それぞれの求人媒体が求める人材像

求人媒体を利用する場合、折込チラシやハローワーク、フリーペーパー、求人サイトなど様々な媒体があり、どの媒体を選ぶかで求める人材像は変わってきます。

それぞれの求人媒体の特性を見極めながら、獲得したい人材に合わせて選択していくことが重要です。新聞の折込の読者はミドルクラス世代が多いので、折込チラシを媒体として使用する場合、ターゲットの人材は40代から60代になります。

求人媒体の便利な情報を集めたサイトです。

折込チラシは若い世代の人材には訴求力がありませんが、両親と同居している20代から30代の人たちは目に触れる機会が多いので、ある程度は期待できるでしょう。


ハローワークのターゲットは、地元の求職者である40代以上の人材です。企業側が希望する人材をハローワーク側から紹介してもらえるメリットがあるので、利用価値の高い求人媒体です。


駅内やコンビニエンスストアなど人が集まりやすい箇所に置いているのがフリーペーパーです。

人目につきやすい媒体なので、地元で仕事を探している求職者に対して高い効果が期待できます。

OKWaveの欲しい情報が手に入りました。

年齢的には、10代から30代の若い人材がターゲットになります。
求人サイトは、採用コストが他の求人媒体よりも割高になりますが、幅広い人材を確保できる可能性があるので期待値は高いです。


正社員やアルバイト、専門職など様々な雇用形態に対応していて、年齢や職種、能力や経歴など欲しい人材をピンポイントで獲得することができます。



特に能力のある転職希望者や経験者を採用するに当たっては、理想的な求人媒体といえるでしょう。