求職者が閲覧している求人媒体とは

最近では求人媒体の数も多く、どこに求人広告を出すべきか悩む企業も多いようです。

求人媒体に関する情報を提供中です。

そんな時に役立つのが、求職者が一体どの求人媒体を閲覧しているのかというデータです。
2013年のデータによると、求人情報サイトを閲覧している求職者が約47%と、最も多くなっています。この数字から見てもわかる通り、求職者のおよそ半数が求人情報サイトを閲覧していると言えるでしょう。


その為、多くの人の目に求人広告を触れさせるには、求人情報サイトが最も適した求人媒体となります。


求人情報サイトに次いで、求職者に多く利用されているのがハローワークです。


しかしその割合は約19%と、求人情報サイトと比較すると、圧倒的に低くなります。


そして、求人情報誌は約17%となり、ハローワークとほぼ変わらない割合となっています。

Yahoo!知恵袋について紹介しています。

そこで、求人情報サイト以外の求人媒体にも求人広告を出したいといった時には、ハローワークと求人情報誌をカバーすれば、より多くの求職者の目に留まるでしょう。
新聞に掲載されている求人広告や、折り込みチラシによる求人媒体を利用するという求職者は、約13%です。


こうしたデータを見る限り、求人情報誌や新聞、折り込みチラシといった紙媒体に求人広告を出しても、あまり求職者の目に留まらないと言えるでしょう。



紙媒体に求人広告を出す場合、当然ながらそれなりのコストもかかります。
しかし、コストに応じた採用活動が行えるかというと、難しいのが現状です。